【開催レポート:CAPおとなワークショップ】

CAP おとなワークショップ
公開講座
子どもを暴力やいじめから守るために
私たちおとなにできること

2021年11月6日(土)

CAPおとなワークショップ開催しました。11名参加。
CAPとは、Child Assault Prevention(子どもへの暴力防止)の略で、子どもがあらゆる暴力から自分を守るためのプログラムです。
今回のCAPのおとなワークショップでは、身近にある様々な子どもへの暴力に、大人ができることを考えました。
・子どもはなぜ暴力に合うの?
・CAPの子どもワークショップって、一体何をしているの?
・大人にできることは何だろう?

参加した方からいただいた感想を一部ご紹介します。
・早いうちに周りが気づく、話を聞く、寄り添うことの大切かさを感じた。
・子ども達を守る事も大切だが、子ども達が自ら自分を守れるように力をつけさせていくことももっと大切だと思った。
・安心、自信、自由の権利を子どもにも伝えたい。

ご参加のみなさま、ありがとうございました。

CAPいばらきは、CAPプログラムを通して、子どもたちに「自分を大切にする心」を育てたいと考えています。すべての子どもたちがこのプログラムに出会えることを願って活動しています。CAPのワークショップにご興味のある方は、ぜひお問い合わせください。
次回の公開おとなワークショップは2022年春の予定です。

2021.11.6(土)Facebookから

子どもは、自分で自分を守る力をもっています。
その力を発揮させるには、大人の力、地域の力、社会の力が必要です。
いま、コロナ禍において、差別や偏見、誹謗中傷がSNSを含め、あらゆるところでおこっています。
その言葉や行動など、子どもたちはどう受け止めるのでしょうか?
CAPプログラムを通して、みんなで権利や気持ちについて考えてみましょう。

日時/ 2021年11月6日(土)14:00~16:00(受付13:30)
場所/ 水戸市福祉ボランティア会館 水戸市赤塚1-1ミオス2階 大研修室
*駐車場利用の場合、駐車券をお持ちになりお部屋へお越しください。駐車サービス券を差し上げています。
参加費/ 無料
対象/ 保護者・子どもに関わるかた
定員/ 48名
保育/ 6ヶ月~未就学児まで、先着5名。(保育無料)

お申込み/下記フォームよりお申込みください。お申し込み後、予約確認メールが必ず届きますのでご確認ください。

CAPとは

CAPは、Child Assault Prevention(子どもへの暴力防止プログラム)

の頭文字をとったもので、子ども達が様々な暴力から自分で自分を守るためにできることを考える人権教育プログラムです。
子ども達に安心・自信・自由の権利があることを伝え、ロールプレイをまじえながら、ワークショップ(参加、体験)形式で進めます。学校や保育園・幼稚園・児童養護施設などで、子ども・教職員・保護者にワークショップを提供しています。
詳しくはこちら

mitokodomonogekijo_titlelogo
CAPいばらき
TEL/FAX 029-255-0908
対応時間10:00~17:00(土日祝日除く)
お問い合わせはこちら
CAP大人ワーク2021-11-6