生の舞台を鑑賞することで
感動する心を育てたいと年齢に合った作品、
いろいろなジャンルの作品を鑑賞しています。
(舞台劇、人形劇、芸能など)

人形劇ののはな
2019年
6月 親子であそぶ絵本の世界『きんぎょがにげた』

水戸市千波町にある「水戸市老人福祉センター 葉山荘」で、2018年度いばらき未来基金冠助成 「花王・ハートポケット倶楽部地域助成」事業 〜多世代交流サロン たまり場はやま庵 特別講座〜 親子であそぶ絵本の世界『きんぎょがにげた』を行いました。
NPO法人あそび環境museumアフタフ・バーバンの平川恭子さん(きょんちゃん)をお迎えしてたくさん遊びました。

最初は、きょんちゃんのウクレレに合わせて歌ったり親子で触れ合って朝のご挨拶。
その後は6月梅雨にちなんで、かえるとかたつむりなりたい方に分かれて、歌を歌いながらなりきったりと楽しい遊びが次々と!それからそれから色々遊んで、チラシも使って『きんぎょがにげた』の世界に知らない間に入り込んでいました。
子ども達も絵本の世界に入り込み、きんぎょが逃げていなくなった!と悲しくて泣いてしまう子がいたり、自分がきんぎょになりきってみたり、色々な表現が見られました。
楽しい時間はあっという間、最後は、きょんちゃんのウクレレに合わせてさようなら。
お土産のきんぎょを首にかけて嬉しそうにバイバイしてくれました。

8月 夏のイベント 放課後こども教室&放課後学級合同イベント「ピアニカの魔術師」

8月10日(土) in みと文化交流プラザ 「ピアニカの魔術師~わくわく音楽会」

鍵盤ハーモニカは誰もが一度はやっている・触れている楽器ですが、教育楽器(学校でやる楽器の1つ)という認識が強く、家庭で埃を被っていることも多いはず。
そんな中、ピアニカ奏者のミッチュリーさんが、様々な奏法を組み合わせることで、音色も変わるパフォーマンスを展開してくれました。
馴染みのある曲~今大人気の曲がピアニカの驚きの演奏法で鳴り響き…子どもも大人も楽しめる時間でした。世界も音楽で旅できました。
暑い暑い毎日の「清涼剤」にもなり、元気をもらいました。
公演を終え帰る親子の笑顔が印象的でした。
きっと今夜は水戸のあちこちでピアニカの音が鳴り響いていたことでしょう。

mitokodomonogekijo_titlelogo
TEL 029-255-0908
対応時間10:00~17:00(土日祝日除く)
お問い合わせはこちら