【CAPいばらき】10/10講演会 申込受付中!かけがえのない子どもたちを支えるために〜

ドコモ市民活動団体助成事業

児童虐待が起きる前に
私たちができることはなにか
司法はどのように関与するのか

家庭や学校、職場で今起きていること
子どもと大人の生きづらさと暴力がおこる背景
スクールローヤーの役割とは・・・

講師:岩城 正光(いわき まさてる)弁護士

日時 10月10日(土)13:30~15:30(Zoomは13時より接続テストできます)
会場 水戸市福祉ボランティア会館 大研修室
水戸市赤塚1-1ミオス2階 JR常磐線「赤塚」駅からすぐそば 駐車場併設(駐車券は会場へお持ちください)
参加資格 どなたでも(会場内は先着30名、オンラインZoomでの参加もできます)
参加費・保育料 無料

お申し込みは下記フォームを入力の上、送信ボタンを押してください。

参加方法をお選びください。
会場参加Zoom(オンライン)参加

Zoomで参加の場合は後日招待メールを送ります。

「生きづらさのアンケート」を10月1日より実施予定です。ご協力いただけると幸いです。

主催 認定NPO法人水戸こどもの劇場 CAPいばらき
後援 茨城県教育委員会・水戸市教育委員会

CAPいばらきはCAPを届けて20年!

今回のドコモ市民活動助成金事業の目的とは・・・
児童虐待やDV、性暴力などあらゆる暴力のない社会をめざして、児童養護施設で暴力防止のワークショップを実施し、自分を大切にする気持ちを育みます。大人にも啓蒙活動として講演会や公開ワークショップを実施します。これにより誰もがいつでもSOSを出せて、孤立感や無力感を少しでも和らげられる支援の輪を広げます。また、生きづらさの調査を実施して、現代に生きる人々の困難や悩みを調査し、報告書を教育、福祉など関係各所に届け、支援や施策に繋げることをめざします。